MENU

総量規制を気にせず借りたいなら総量規制対象外カードローン

そもそも総量規制とは何?

ローンなどを利用する時に総量規制がある、ということは聞いたことがあるでしょう。総量規制は2010年から施行されるようになった法律ですが、ローン利用者の借入可能額を制限するものです。しかし、どんなローンでも借りられる額の制限を受けるというわけではなく、貸金業者が取り扱うローンが対象となっています。また、貸金業者のローンでも総量規制の例外となっているものもあります。総量規制で決まっている借入可能額は、年収の3分の1までです。これは、貸金業者からの借入額を合計します。総量規制対象外というローンもあり、銀行カードローンなどは消費者金融のローンと利用方法は大きく違わないのに、総量規制を気にせず申し込みできるローンとして人気が集まっています。

 

総量規制は、本来ローン利用者が多重債務に陥らないための法律です。しかしまとまった金額が必要という時には、総量規制を気にせず借りたいと考えるものです。しかし、利用者としては自分の総量規制の額をまず知っておき、次に借入目的や必要額、ローンの利用方法などをクリアにしましょう。総量規制の範囲内でも優先したいこと(消費者金融の借入までのスピードを生かしたい、など。)があればそれができるローンを選ぶのが適切です。

 

ローンを利用する前には「とにかく借りられればいい。」と考えがちですが、返済計画を伴った利用は重要なポイントです。総量規制だけを気にするのではなく、ローン全体の計画を考えるようにしておきましょう。

 

まとまった金額が必要な時に選びたいローン

まとまった金額が必要になることありますよね。できるだけ大きな金額が必要な時に選ぶローンとしては、総量規制の対象外のものが良いでしょう。総量規制とは、年収の3分の1までしか借りられないという法律です。ただしこの法律は貸金業者が対象となっているため、銀行ローンはいずれも対象外なのです。できるだけ大きな金額を借りたい時には、銀行のローンを選んでおくと安心です。

 

借入目的を自由に決められる銀行カードローンは、人気も高く使いやすい金融商品です。消費者金融のカードローンと利用方法が似ていたり、消費者金融が保証会社となっていたりすることから、銀行カードローンも総量規制の対象と考える方も多いのですが、対象外です。

 

また、最近では銀行カードローンも限度額が大きなものがたくさん出てきています。銀行自体も目的ローンの代わりとして使えるようにしていることもあり、どのような借入目的にも対応しやすくなっています。

 

もちろん銀行カードローンなら全て限度額が大きいというわけではなく、少額をサッと借りるようなローンもあります。そのため大きな金額が必要な時には、限度額が大きな銀行カードローンを選びましょう。オリックス銀行のようなネット銀行のカードローンでは、最高限度額700万円と余裕のある設定になっています。メガバンクでなくても、限度額の設定は銀行によって様々ですから確認して申し込みをしましょう。

 

できるだけ大きな金額を借りたほうがよい?

お金を借りる時に「チョコチョコと借りずに、まとまった金額をバーンと借りたほうがいい。」といったことを聞いたことがあるでしょうか?しかし、カードローンなどでは利用した金額と日数に応じて利息がかかっていきます。ということは、必要な金額のみを借りて、返済できる状態になったらすぐに返してしまうという方法が利息の軽減につながると考えておくとよいでしょう

 

総量規制の登場によって、大きな金額を借りられなくなったと悩んでいる方は確かに多いのです。しかし、必要な金額を借りるという点を重視するなら、総量規制の額に達さなくても事足りるというケースも多いのではないでしょうか。

 

「5万円必要だけれど、せっかくだから10万円借りておこうか。」「13万円のものを購入したいけれど、ちょうど20万円借りておこう。」とキャッシングやカードローン利用する際には多めに借りておく、借りられるだけ借りてしまう、可能な限り大きな金額を借りる、ということをしてしまいやすいのです。

 

気軽にキャッシングできる商品がカードローンも増えていますので、何度か借りていくうちに大きな金額となってしまうこともあるのですが、やはり利息のことを第一に考えておくべきでしょう。ローンは自分の使いやすいようにカスタマイズしていくものです。大きく借りようとするあまりに返済できない額に到達してしまわないためにも、総量規制の額に関わらず自分の返済計画をきっちりと立てておきましょう。

 

低金利で借りるコツ!金利と限度額の関係とは?

できるだけ大きな金額を借りてしまうことで、余分な利息を払うことになってしまいます。しかし、実際に借りるのではなく限度額設定ができるローンでは、できるだけ大きな限度額を設定することはお得な利用につながるケースもあります。

 

カードローンでは、設定する限度額によって金利が決まります。限度額が大きくなるほど信用度が高く、当然金利も低くなるケースがほとんどです。限度額によって決まった金利は、実際に限度額いっぱいまで借りなくても、設定された通りに利息計算を行います。つまり200万円の限度額設定をし、適用された金利は、2万円借りた場合にも100万円借りた場合にも適用されるのです。

 

ローン選びをする時には、できるだけ低金利ローンを探すことは誰でもするのですが、限度額の設定を考えてみることで金利が低くなる可能性があるという点にも注目してみましょう。この際に実際に借りるのではなくても、総量規制対象外のローンを選び、できるだけ大きな限度額を設定しておくというのもよい方法です。

 

大きな金額を借りられる状態にしておくことで、借り過ぎに繋がってしまう点が気になりますが、借入前に必ず返済シミュレーションを取り入れることで借り過ぎは未然に防げます。少額でも返済の見直しを忘れずに行い、自分の正確な借入額を把握しておきましょう。